脱毛クリニックの解約手数料や返金額はどんな感じ?

脱毛サロンで契約をした後に、解約したいと思ったことがある方もいるのではないでしょうか?解約の主な理由としては、思うような効果を実感できないというものが多いようです。

また希望した日時の予約が取りにくいということもあります。

スタッフの対応が悪いということや、仕事で転勤があったり、結婚、妊娠によって脱毛サロンに通えなくなったということもあります。

様々な事情もありますが、結論から述べれば、多くの脱毛サロンで手数料などが発生し、損してしまうので、解約は最終手段となります。

ただ契約してすぐなら、クーリングオフ制度が適応されるので、スムーズに解約することができます。
店員さんの話を聞いて、つい契約してしまったけど、帰宅してやっぱり解約したいと思ったら、このクーリングオフ制度によって、解約ができます。

契約した日から8日以内なら、この制度が適用されます。
どの脱毛サロンでも、これは共通しています。

クーリングオフ制度を利用して解約する場合、まずはクーリングオフ通知書を書き、通知文を脱毛サロンに贈り、通知文で指定をした口座に契約金額が全部、返金されるようになっています。
また不安なら、直接店舗に足を運んで、文書を書く方法もあります。

そちらの方が確実でしょう。
心配なら、まずは契約した脱毛サロンに問い合わせてみましょう。

またクーリングオフではなく、途中で通えなくなった場合はどうなるのでしょうか?引っ越しや結婚などで、店舗を変えたい場合、キレイモやシースリー、銀座カラーなどは手数料が0円で店舗移動の手続きをすることができます。

ただ脱毛ラボの場合、手数料が1,000円かかるので、注意しましょう。

脱毛ラボの場合は、通っている店舗に移動したいことを伝え、1~2週間程度、時間がかかりますが、移動手続きをすることができます。

解約手数料よりは安くなるので、もし店舗を変えて通うことができるなら、店舗を変えた方がおすすめです。

解約の際の手数料などを見ていきましょう。

キレイモ、シースリー、銀座カラー、脱毛ラボの4店舗では、どちらも返金制度の有無はあります。

なので、全く解約ができないわけではありません。

しかし、全店舗、解約手数料が発生します。
キレイモ、銀座カラー、脱毛ラボは残り金額の10%が解約手数料となります。
シースリーの場合は、2万円と固定されています。

キレイモ、銀座カラーの場合も、最高で2万円となっています。

脱毛ラボは最高金額がないので、2万円以上の解約手数料が発生することもあります。
基本的にはどの店舗も、店頭に足を運んで解約することができます。
ただ忙しくて、来店できないなら、電話で解約書類を取り寄せて返送する方法が取れるのがキレイモです。

銀座カラーは電話のみで、解約することができます。
シースリーと脱毛ラボはコールセンター、もしくは店舗に連絡後、店舗で解約可能です。

解約手数料が発生しない脱毛サロンとしては、ミュゼが挙げられます。
ミュゼは回数制コースなら、残金を全額返金してくれます。

また両ワキ完了コースの場合は、契約金を全部返金してもらえます。
ミュゼでは解約金が発生しないというのが、嬉しいポイントです。
もし解約するかもしれないと考えているなら、ミュゼを選ぶのが良いでしょう。

また解約できるタイミングが、それぞれの脱毛サロンによって異なるので注意しましょう。
どんな契約内容であっても、好きなタイミングで解約できるのは、シースリーとコロリだけです。

他のサロンは、契約してから2ヶ月以上経っていないと、解約ができなかったりします。
例えば銀座カラーは、契約から1ヶ月が過ぎてから解約可能となります。
解約したいと思っても、この条件が満たされていないと、解約ができません。
なので、条件をきちんとクリアしているかどうか、しっかりと確認してから、解約はするようにしましょう。

解約する際に必要なものは、契約書と印鑑です。
また契約時にクレジットで支払うことを選択した方は、クレジットカードも持参しましょう。

また通帳やキャッシュカードも必要です。
返金する際に、お金を振り込んでもらう口座を用意しておきましょう。
解約手続きから2~3週間程度で、契約の残金から手数料を引いた分の金額が、口座に振り込まれます。

入金の確認がきちんとできたら、解約手続きは完了です。

どうしても解約をしなくてはいけないこともあるかもしれませんが、クーリングオフでない場合、手数料がかかることが多いので、やはり損してしまいますよね。
なので、特別な理由がない限り、解約はできるだけしない方が良いでしょう。

契約した分はきちんと通い切ることがおすすめです。
ただ脱毛サロンで全身脱毛を契約していた人の場合、他の脱毛サロンに乗り換える時に、乗り換え割というものが適用されることがあります。

そうすれば、手数料を考えても、そこまで損はしないで、他のサロンに乗り換えることができます。

乗り換え割で割引もあるので、どうしても解約して違うサロンに通いたいなら、それを利用するのも良いでしょう。